タレントプロフィール

 
■ プロフィール

14歳でギター15歳でドラムスをはじめ、数々のバンドに

参加、幾つかアマチュアバンドコンテストで、優勝・個人

賞を得る。高校卒業後を期に、学生生活とドラマー生活を

スタート、黒人ドラマーのローディーを経てドラマーとして

歩みだす。しかし、ブラックビートを追いかける自分に不

信を感じ、母国の音楽へ目が向いた。


19歳の時、「津軽三味線」に出会う。芸能としての三味線

文化を求め、三味線高橋流、高橋祐次郎門下、「高橋脩

市郎」氏に師事し、23歳、最短主席で、高橋流皆伝名取

「高橋喜市郎」を襲名し、演奏家としての活動を始める。

しかし、翌年改めて「民謡」に自分のルーツを見出し、「民

族楽団チャンチキ」を主宰、現在に至る。


プレーヤーとしてだけでなく、音楽監修や、講演、ワークショップやエデュケーションプログラム等、広範囲で活動

するミュージシャンであり、富山県城端町「西上町」に席を置き、むぎや節の三味線方として伝統芸能保存会にも

参加、2007年からはタレント活動も開始、三重テレビネット好評放送中の「ええじゃないか。」では弥次喜多の喜

多八役として、番組のメインキャストを務め、東海道を行脚、三味線を通してふれあいを描く。


民族楽団チャンチキでは、同番組のテーマソング「ええじゃないか!?」を発表、2ndアルバム「極楽」を発表につ

づき、2008年に予定される3ndアルバムを製作中。

こちらは、こもれび企画のホームページです。
800ピクセル以上のディスプレイでご覧ください。
このサイトからの写真、画像、データの無断転用を禁じます。
主な派遣地域:北海道・札幌・青森・岩手・盛岡・宮城・仙台・秋田・山形・福島・茨城・栃木・宇都宮・群馬・埼玉・川口・千葉・船橋・東京・神奈川・横浜・相模原・新潟・富山・石川・金沢・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・浜松・愛知・名古屋・豊田・豊橋・三重・四日市・津・滋賀・大津・京都・大阪・堺・兵庫・神戸・姫路・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・倉敷・広島・福山・山口・下関・徳島・香川・高松・愛媛・松山・高知・福岡・北九州・久留米・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄 主な音楽ジャンル:津軽三味線・三味線・ピアノ・サックス・フルート・トランペット・マリンバ・ギター・トロンボーン・チェロ・ドラム・バイオリン・ヴァイオリン・ミュージシャン・演奏家・演奏者・ちんどん屋・ワンマンバンド・出張・派遣・出演・依頼・手配